MENU

疾患

  * シャーガス病
    【アメリカトリパノソーマ症】
  * アフリカ睡眠病
    【アフリカトリパノソーマ】
  * リーシュマニア症
  * マラリア
  * ハンセン病
  * コレラ
原因となる病原体

  * クルーズトリパノソーマ
  * リーシュマニア
  * 熱帯熱マラリア原虫
  * 【三日熱マラリア原虫】
 
難病についての情報

  * 一般社団法人日本難病・疾病団体協議会
  * 特定疾患
 
その他情報
  *ウォーターサーバー
  *転職
  *美容
  *育毛
  *グルメ
  *引越し
  *キャッシング・ローン
 
 
 
 

知られざる恐ろしい疾患の数々


知られざる・・・
伝染病及び寄生虫を原因とした数々の疾患について紹介しています。





特定疾患

特定疾患とは、厚生労働省に指定された疾患のことを言います。
現在は約130疾患が対象となっています。

どのような定義で難病と言われるかというと
原因不明で、治療が見つからない、また後遺症が残る恐れがある、
それから、治すのに時間がかかったり、介護などに人員が必要、
また、精神的負担が大きい病気が難病と言われています。

医療費などは、自治体よって違いますが、
一部負担や、全額免除となります。
どんな疾患が特定疾患とされているかというと、
パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、進行性骨化性線維異形成症
などがあげられます。

パーキンソン病は、主に中年層が発症する病気。
神経伝達物質のドーパミンが不足し起こる病気です。
現在日本では、10万人以上の患者さんがいます。
手の震えや歩きが鈍くなったり、
味や匂いなどが鈍るようになります。

筋萎縮性側索硬化症は、筋肉が縮まり、筋力が衰えてしまう病気です。
呼吸筋麻痺になる前に人工呼吸を付けなければなりません。
それから人工10万人に1、2人が発症すると言われています。

進行性骨化性線維異形成症は、2007年に認定された難病です。
筋肉などの組織が骨に変わり硬くなっていく病気。
歩行などが困難になり、最後には死に至ってしまう。
体を動かすと進行が速く進んでいきます。
発症するのは子供で、症状は10歳ごろから起きる。

この他にもたくさんの特定疾患があり、
全世界で病気で苦しんでいる方がいらっしゃいます。
それから、まだ特定疾患されていないような病気もあると思います。
それを是非認定して、少しでも負担が少なくなるようにして頂きたいです。






© 知られざる恐ろしい疾患の数々 All Rights Reserved.