MENU

疾患

  * シャーガス病
    【アメリカトリパノソーマ症】
  * アフリカ睡眠病
    【アフリカトリパノソーマ】
  * リーシュマニア症
  * マラリア
  * ハンセン病
  * コレラ
原因となる病原体

  * クルーズトリパノソーマ
  * リーシュマニア
  * 熱帯熱マラリア原虫
  * 【三日熱マラリア原虫】
 
難病についての情報

  * 一般社団法人日本難病・疾病団体協議会
  * 特定疾患
 
その他情報
  *ウォーターサーバー
  *転職
  *美容
  *育毛
  *グルメ
  *引越し
  *キャッシング・ローン
 
 
 
 

知られざる恐ろしい疾患の数々


知られざる・・・
伝染病及び寄生虫を原因とした数々の疾患について紹介しています。





ハンセン病

(近年では不治の病ではありません。)

ハンセン病は1873年にノルウェーのハンセン博士が発見しました。
ハンセン病は「らい菌」という菌の感染で起こります。
はっきりとした原因は分かっていませんが、
ハエなどの昆虫からというふうに言われています。

人から人への伝染は少なく、予防は可能です。
また、感染は幼少期が多いです。

具体的にどのような症状になるかというと、
・温かい、痛いなどの知覚が麻痺してしまう
・顔面神経麻痺
・皮膚の変色
・神経痛
ひどい場合には死に至ることもあります。
昔は治療法がなく不治の病とされていました。

現在では治療法があります。
複数の薬を飲めば、完治出来るということです。

この病気は長年、不治の病とされていたため、
隔離や差別などがありました。
(現在では隔離されません)
施設などに入れられ、
家族とも縁を切られてしまった人もいらっしゃるということです。

救急車






© 知られざる恐ろしい疾患の数々 All Rights Reserved.